当館で入荷した国内・海外のプロレスマスクを掲載しております。

全日本プロレスの商品一覧

全日本プロレスに含まれるカテゴリー

該当商品:84

« 1 2 3 4 5 »

  • ★仮面貴族★ ミル・マスカラス 大判ポスター

    レア

    ★仮面貴族★ ミル・マスカラス 大判ポスター

    サイズ(92cm×62cm)   年代: 1970年代    

    ¥6,600    状態: 【並上】 穴開き・フチに欠損と破れ(裏面からテープ補修)・シミあり  


    ※商品サイズの都合により、他の商品との同梱発送はできませんのでご注意ください。
    ワンクリック購入
    お気に入りに追加
  • ミル・マスカラス&ドス・カラス ポスター(ジャイアントサービス)

    レア

    ミル・マスカラス&ドス・カラス ポスター(ジャ...

    ★80年代当時モノ!★ サイズ(60cm×42cm)   年代: 1980年代    

    ¥3,300    状態: 【並上】 押しピン跡・フチに破れ(裏面からテープ補修)・折れ・シミあり  


    ワンクリック購入
    お気に入りに追加
  • 全日本プロレス 2002年 卓上カレンダー

    全日本プロレス 2002年 卓上カレンダー

    年代: 2002    

    ¥550    状態: 【良】  


    ワンクリック購入
    お気に入りに追加
  • 82グランド・チャンピオン・シリーズ

    注目

    82グランド・チャンピオン・シリーズ

    1982年4月22日(木) / 東京体育館   年代: 1982    

    ¥8,800    状態: 【並上】 (64)角に小さい欠損・裏面にシミ少々あり  


    【PWF認定ヘビー級選手権試合】ジャイアント馬場vsスタン・ハンセン 【UN選手権試合】ジャンボ鶴田vsハーリー・レイス / 今大会では2大タイトルマッチが実現。メインではウエスタン・ラリアットで馬場が場外転落!そのまま激しい攻防が続き、両者リングアウトの引き分けにより馬場がタイトル12度目の防衛に成功。鶴田vsレイスは両者ともに額を割り大流血、両者レフリー・ストップとなり、鶴田がタイトル10度目の防衛に成功した。/ サイズ(76cm×52cm)
    ワンクリック購入
    お気に入りに追加
  • ★馬場抜き★ 83エキサイトシリーズ【開幕戦】

    レア

    ★馬場抜き★ 83エキサイトシリーズ【開幕戦】

    1983年2月11日(金・祝) / 後楽園ホール   年代: 1983    

    ¥8,800    状態: 【良】 8つ折り・状態良好  


    タイガー・ジェット・シンvsジャンボ鶴田、ザ・グレート・カブキvsジム・デュラン、ドス・カラス&ビクター・ジョビカvs大仁田厚&ウルトラセブン / ジャイアント馬場がPWF王座挑戦の為に渡米し欠場となった今シリーズ。開幕戦となる今大会のメインではシンと鶴田が激突し、シンがリングアウト勝ちを収めた。/ サイズ(76cm×52cm)
    ワンクリック購入
    お気に入りに追加
  • 80ジャイアント・シリーズ【後半戦】

    レア

    80ジャイアント・シリーズ【後半戦】

    1980年11月2日(日) / 後楽園ホール   年代: 1980    

    ¥8,800    状態: 【良】 8つ折り・状態良好  


    【インターナショナル・タッグ選手権】ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田vsアブドーラ・ザ・ブッチャー&キラー・トーア・カマタ / 王者組とブッチャー&カマタ組が3本勝負で激突!3本目までもつれ込む接戦となったが、最後はブッチャーが鶴田の顔に塩を投げつけたため反則負け。王者組がタイトル5度目の防衛に成功した。/ サイズ(76cm×52cm)
    ワンクリック購入
    お気に入りに追加
  • ★馬場抜き★ 83エキサイトシリーズ(前半戦)

    レア

    ★馬場抜き★ 83エキサイトシリーズ(前半戦)

    1983年2月13日(日) / 館山市民センター   年代: 1983    

    ¥8,800    状態: 【良】 8つ折り・状態良好  


    【6人タッグマッチ60分1本勝負】ジャンボ鶴田&ザ・グレート・カブキ&天龍源一郎vsタイガー・ジェット・シンvs上田馬之助vs鶴見五郎 / ジャイアント馬場がPWF王座挑戦の為に渡米し欠場となった今シリーズ。今大会のメインでは6人タッグマッチが行われ、両軍リングアウトにより引き分けとなった。/ サイズ(76cm×52cm)
    ワンクリック購入
    お気に入りに追加
  • 80第8回チャンピオン・カーニバル

    レア

    80第8回チャンピオン・カーニバル

    1980年4月25日(金) / 高知県民体育館   年代: 1980    

    ¥8,800    状態: 【並上】 (63)8つ折り・小さい穴開きあり  


    【30分1本勝負】ディック・スレーターvsアブドーラ・ザ・ブッチャー、ジャイアント馬場vsザ・シーク、ジャンボ鶴田vsテッド・デビアス / 【リーグ戦30分1本勝負】テリー・ファンクvsカール・ファジー / 今シリーズ中に馬場が3000試合連続出場(日本国内)を達成した。/ サイズ(76cm×52cm)
    ワンクリック購入
    お気に入りに追加
  • ★優勝決定!3大血戦★ 82世界最強タッグ決定リーグ戦【優勝戦】

    レア

    ★優勝決定!3大血戦★ 82世界最強タッグ決定リーグ...

    1982年12月13日(月) / 蔵前国技館   年代: 1982    

    ¥9,900    状態: 【並上】 (20)小さい剥がれ・フチに小さい破れ(裏面からテープ補修)・裏面にシミ少々あり  


    【タッグ・リーグ戦】ハンセン&ブロディvsドリー&テリー(ザ・ファンクス)、馬場&鶴田vsレイス&スヌーカ、天龍&阿修羅・原vs上田&スーパー・デストロイヤー / ブロディ・ハンセン組から反則勝ちを収めたファンクスが優勝、馬場・鶴田組とブロディ・ハンセン組が同点で準優勝となった。大会後にファンクスは試合内容を不服とし、改めて準優勝の両組との「タッグ世界一決定戦」を行いたいと発言した。/ サイズ(73cm×52cm)
    ワンクリック購入
    お気に入りに追加
  • ★インター・タッグ★ 81サマー・アクション・シリーズ

    レア

    ★インター・タッグ★ 81サマー・アクション・シリ...

    1981年7月30日(木) / 後楽園ホール   年代: 1981    

    ¥11,000    状態: 【並上】 (29)シミ少々・フチに小さい剥がれあり  


    【インターナショナル・タッグ選手権 60分3本勝負】ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田vsビル・ロビンソンvs天龍源一郎 / グレート小鹿&大熊元司vsキラー・トーア・カマタvsグレート・マーシャルボーグ / 当初は馬場&鶴田vsロビンソン&スレーターのタイトル戦が予定されていたが、交通事故の後遺症によりスレーターが欠場。代役として天龍が急遽参戦となった。1本目は天龍が逆水平チョップと突っ張りで馬場を追い込み、そのまま最上段からエルボードロップ!抜擢された天龍の奮闘により挑戦者組が先取する。2本目はロビンソンにダブルキックを食らわせた王者組が星を取り返す。決戦の3本目、再び馬場を突っ張りで追い込む天龍だったが馬場にかわされ試合は場外戦へ。最後は場外でのパイルドライバーで馬場が天龍を倒す間に鶴田がリングに戻り勝利。天龍の活躍が光った試合だったが、王者組がタイトル9度目の防衛に辛くも成功した。 / サイズ(76cm×52cm)
    ワンクリック購入
    お気に入りに追加
  • 【創立11周年記念】82ジャイアント・シリーズ

    注目

    【創立11周年記念】82ジャイアント・シリーズ

    1982年11月4日(木) / 後楽園ホール   年代: 1982    

    ¥11,000    状態: 【良】 (44)  


    【NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座決定3番勝負 第3戦】大仁田厚vsチャボ・ゲレロ / ハーリー・レイス&ジミー・スヌーカvsジャイアント馬場&ジャンボ鶴田、ドリー・ファンク・ジュニア&天龍源一郎vsブルーザー・ブロディ&ジプシー・ジョー / 今シリーズではNWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座を賭け、大仁田とゲレロが3本勝負で戦った。シリーズ開幕戦で行われた第1戦では大仁田がブロックバスター・ホールドを決め先勝、続く第2戦ではジャーマン・スープレックスでゲレロが勝利し、タイトルの行方は今大会の第3戦で決着することとなった。試合は一進一退の攻防が続く激しい展開となり、最後はゲレロが首投げにきたところを切り返した大仁田が逆さ押さえ込みでフォール、タイトルを獲得した。納得がいかないゲレロは試合後に大仁田をトロフィーで殴打、大仁田は左腕を32針縫合する裂傷を負い両者の遺恨は深まった。/ サイズ(74cm×52cm)
    ワンクリック購入
    お気に入りに追加
  • 73第1回チャンピオン・カーニバル

    注目

    73第1回チャンピオン・カーニバル

    1973年3月30日(金) / 後楽園ホール   年代: 1973    

    ¥22,000    状態: 【並上】 (3)細かいシワ・フチに小さい破れ(裏面からテープ補修)・シミ少々あり  


    【タッグマッチ60分3本勝負】ジャイアント馬場&ザ・デストロイヤーvsマーク・ルーイン&キング・イヤウケア / 【トーナメント1回戦 30分1本勝負】ムース・モロウスキーvs大熊元司 / ジャイアント馬場の「世界のチャンピオンを集めて雌雄を決したい」という構想の下に始まったチャンピオン・カーニバル。世界各地のチャンピオンが集結した第1回大会は、総当りリーグではなくトーナメントとして開催された。今大会のトーナメント1回戦ではモロウスキーと大熊が対決、ニーパットからのアトミック・ドロップでフォール勝ちを収めたモロウスキーが勝利し2回戦進出を決めた。メインでは馬場とデストロイヤーの"日・米黄金コンビ"が、ルーイン&イヤウケア組と激突。馬場とルーインがフォール勝ちを奪い合う熱戦となったが、最後はルーインが馬場とデストロイヤーの顔面に粉を投げつけたため反則負けとなった。大会ポスターには黄金コンビの勇姿が大きく配置されている。 / サイズ(73cm×52cm)
    ワンクリック購入
    お気に入りに追加
  • ★恐怖の殺人鬼ブッチャー来襲★ 76ジャイアント・シリーズ【最終戦】

    注目

    ★恐怖の殺人鬼ブッチャー来襲★ 76ジャイアント・...

    1976年10月28日(土) / 蔵前国技館   年代: 1976    

    ¥22,000    状態: 【並上】 8つ折り・押しピン跡・小さい破れ(裏面からテープ補修)・裏面にシミあり  


    【因縁!兄弟コンビの激突! インターナショナル・タッグ選手権60分3本勝負】ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田vs大木金太郎&キム・ドク / 【USヘビー級王座決定戦】ザ・デストロイヤーvsアブドーラ・ザ・ブッチャー / 師弟コンビ同士がタッグ王座を賭けメインで激突!1本目は開始7分過ぎに鶴田と馬場のダブルキックがドクに炸裂、その後鶴田がダブルアーム・スープレックスを決めフォール勝ち。2本目は自軍コーナーで、ドクが本部席から持ち出したマイクで鶴田の後頭部に一撃、そのままフライング・ニードロップを決め大木が抑え込み勝利。運命の3本目は場外戦で鶴田がドクに馬乗りになりパンチ攻撃、制止するレフリーを跳ね飛ばす。相手タッグのラフファイトに冷静さを失った王者組の反則負けとなり、大木&ドク組がタイトルを獲得した。セミではデストロイヤーがレッグブリーカーから4の字固めに移行するところにブッチャーが火を投げつけたため反則負け。デストロイヤーがタイトルを獲得した。/ サイズ(76cm×53cm)
    ワンクリック購入
    お気に入りに追加
  • ★UNヘビー級王座選手権試合★ ジャンボ鶴田vsキム・ドク

    注目

    ★UNヘビー級王座選手権試合★ ジャンボ鶴田vsキム...

    ★79新春ジャイアントシリーズ★   年代: 1979    

    ¥16,500    状態: 【良】 8つ折り / 目立つ経年劣化やダメージが無い良品です  


    1979年1月29日(月) 大阪府立体育会館 / ジャイアント馬場vsブルーザー・ブロディ、バロン・フォン・ラシクvs石川隆士 / 世界のトップレスラーを相手に『試練の十番勝負』を戦い抜いた鶴田。その鶴田と前年に65分時間切れの熱戦を展開したキム・ドク。鶴田が保持するタイトルを賭け、両者が60分3本勝負で激突した。1本目から20分を超える熱戦となり、キム・ドクがショルダーバスターからのバックドロップを決めフォールし先取する。続く2本目はジャンピング・ネックブリーカーを決めた鶴田がフォール勝ち。白熱の試合はその後時間切れのドローとなり、鶴田が8度目の防衛に成功した。セミの馬場vsブロディは、場外でセコンドのフジから渡されたチェーンで馬場の首を絞めたためブロディの反則負けとなった。 / サイズ(76cm×54cm)
    ワンクリック購入
    お気に入りに追加
  • 76新春ジャイアント・シリーズ【最終戦】

    注目

    76新春ジャイアント・シリーズ【最終戦】

    1976年1月29日(木) / 東京体育館   年代: 1976    

    ¥33,000    状態: 【良】 8つ折り・裏面からテープ補修・シワ少々あり / 目立つ経年劣化やダメージが少ない良品です  


    【インタータッグ選手権 60分3本勝負】ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田vsディック・ザ・ブルーザー&クラッシャー・リソワスキー / ザ・デストロイヤーvsロード・ジョナサン・ボイド、サンダー杉山vsターザン・タイラー / 26日の愛知大会で戦った両タッグが、最終戦のメインでタイトルを賭け再び激突!前戦と同じく1本ずつ取り合い迎えた3本目、鶴田をフォールするブルーザーの後頭部へ馬場がコーナー最上段からフットスタンプ!ダウンしたブルーザーを鶴田が押さえ込みフォール勝ちを収め、王者組がタイトル8度目の防衛に成功した。挑戦を再び退けた馬場は、試合後のコメントでブルーザー&リソワスキー組の強さを讃えた。 / サイズ(76cm×52cm)
    ワンクリック購入
    お気に入りに追加
  • ★殺人鬼ブッチャー来襲!★ 79ジャイアント・シリーズ

    レア

    ★殺人鬼ブッチャー来襲!★ 79ジャイアント・シリーズ

    1979年10月7日(日) / 後楽園ホール   年代: 1979    

    ¥11,000    状態: 【並上】 (1)フチに小さい破れ(裏面からテープ補修)・シワ少々あり  


    【6人タッグマッチ60分3本勝負】ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田&タイガー戸口vsアブドーラ・ザ・ブッチャー&レイ・キャンディ&ビッグ・バッド・オー / 【45分1本勝負】天龍源一郎vsドン・ムラコ / / NWA世界ヘビー級王者ハーリー・レイスの特別参加が話題を呼んだ今シリーズ。第3戦となる今大会のメインでは6人タッグマッチが行われ、日本組が外人組に2-1で勝利した。また、今シリーズでアメリカ遠征から2年ぶりに帰国した天龍源一郎がセミで登場、"褐色の虎鮫"ドン・ムラコと対戦し快勝を収めた。 / サイズ(76cm×53cm)
    ワンクリック購入
    お気に入りに追加
  • ★ヘーシンク、プロレスデビュー戦!★ 73ジャイアント・シリーズ 第2弾【開幕戦】

    注目

    ★ヘーシンク、プロレスデビュー戦!★ 73ジャイア...

    1973年11月24日(土) / 蔵前国技館   年代: 1973    

    ¥22,000    状態: 【良】 8つ折り / 目立つ経年劣化は無くダメージが少ない良品です。  


    【タッグマッチ60分3本勝負】ジャイアント馬場&アントン・ヘーシンクvsブルーノ・サンマルチノ&カリプス・ハリケーン / ジャンボ鶴田vsミッキー・ドイル / 東京オリンピック柔道無差別級金メダリストのヘーシンクが今大会でプロレスデビュー!馬場とタッグを組みサンマルチノ&ハリケーン組と対戦した。1本目は馬場&ヘーシンク組が反則勝ちで勝利、2本目はヘーシンクがハリケーンをアルゼンチン・バックブリーカーで仕留め勝利し、華々しいデビュー戦を飾った。また、鶴田友美が今シリーズより新リングネームで出場。セミでミッキー・ドイルと戦い、ダブルアーム・スープレックスで快勝した。 / サイズ(74cm×53cm)
    ワンクリック購入
    お気に入りに追加
  • LEGLOCK 2004年 カレンダー

    LEGLOCK 2004年 カレンダー

    サイズ(42cm×30cm)   年代: 2005    

    ¥550    状態: 【良】  


    武藤敬司
    ワンクリック購入
    お気に入りに追加
  • ★最強のビッグ3が日本集結!!★ 78ジャイアント・シリーズ【開幕戦】

    注目

    ★最強のビッグ3が日本集結!!★ 78ジャイアント・...

    1978年10月6日(金) / 後楽園ホール   年代: 1978    

    ¥11,000    状態: 【良】 8つ折りですが経年劣化や目立つダメージが無い良品です  


    【タッグマッチ60分3本勝負】アブドーラ・ザ・ブッチャー&ボボ・ブラジル、 ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田 / ビル・ロビンソンvsキム・ドク / サイズ(76cm×52cm) / 豪華ビッグ3の参戦が話題となった今シリーズ。開幕戦のメインで行われたタッグマッチは3本目までもつれ込む接戦となり、最後は場外に落ちたブッチャーとブラジルに対し馬場が机を使って攻撃、制止するレフリーへも暴行を加えたため馬場・鶴田組の反則負けとなった。/ サイズ(76cm×53cm)
    ワンクリック購入
    お気に入りに追加
  • 79第7回チャンピオン・カーニバル【前半戦】

    注目

    79第7回チャンピオン・カーニバル【前半戦】

    1979年3月22日(水) / 尼崎市体育館   年代: 1979    

    ¥7,700    状態: 【並上】 8つ折り・下部のフチに小さい欠損あり  


    【リーグ戦】ジャイアント馬場vsビッグ・レッド、ディック・スレーターvsビリー・フランシス、グレート小鹿vs大熊元司 / ジャンボ鶴田&ザ・デストロイヤーvsアブドーラ・ザ・ブッチャー&キラー・トーア・カマタ、ドス・カラス&石川隆士vs大木金太郎&ドン・ミラノ / 第7回目を迎えた"春の祭典"には総勢16名が参加した。今シリーズでは開幕前から初優勝が期待されていた鶴田が順当に勝ち星を重ねていき、師匠の馬場を抑え決勝に進出。惜しくも決勝ではブッチャーに敗れたが、大活躍が光ったシリーズとなった。/ サイズ(76cm×53cm)
    ワンクリック購入
    お気に入りに追加

該当商品:84

« 1 2 3 4 5 »

前のページに戻る

詳細検索

キーワード:
価格帯: 円 ~
商品属性:      
価格ポイント:        
レアポイント:          
年代: もしくは
海外製品:

チェックした商品

最新のお知らせ

商品カテゴリ

facebook